研究室学生(M2)が日本機械学会若手優秀フェロー賞を受賞しました

 研究室学生の關根暢秀さんが日本機械学会フェロー賞を受賞しました。この賞は日本機械学会講演会において優れた講演を行った学生員、正員に対して顕彰することによって、若者に自信と誇りを与え、日本機械学会が若手の専門家育成を支援し、もって科学技術創造立国のための人材育成に貢献することを目的としております。

 対象となった講演題目は、第27回 機械材料・材料加工技術講演会(M&P2019)で行った「セラミックス部材におけるセメントの水和反応を用いた常温型自己治癒機能」です。

全学web受賞情報

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です